高配当ETF【QYLD】で自動おかね生成マシーンをつくろう

QYLDの紹介/狗巻棘

自動でお金が増えていくマシーンがあったら欲しいですか?

はい、あやしい勧誘ではありませんw

私がやっている、高配当ETF【QYLD】をつかった、自動でおかねが増えていくマシーンの作り方を紹介します。

あたりまえですが、違法じゃないです。

普通の投資で、だれでもすぐにできます。

投資初心者の方や、将来FIREをめざしている方は、やってみましょう。

目次

お金が自動で増えていくマシーンの作り方

先に結論です。

  • 高配当ETF【QYLD】約28万円分買う
  • 月々もらえる配当金で同じ【QYLD】を1口、自動買付を設定する
  • あとは放置 or だんだん増やしていく

はい、カンタンです。

すでに、日本円で28万円の貯金がある方は、すぐにこのマシーンを買うことができますよ。

そんな貯金あったら苦労しねーわ!

もっと良い方法おしえろや!

まぁまぁ落ち着いて。

そんな方は、まずはこの記事をよんでから戻ってきてください。

高配当ETF【QYLD】とは

まずは【QYLD】について、かんたんに紹介します。

以下は、公式サイトからの抜粋です(※2022年5月22日時点)

QYLDの概要
名称グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETF
ティッカーQYLD
投資対象ナスダック100
運用会社グローバルX社
主要取引先Nasdaq
純資産$6,707,645,378.26
利回り・経費率
分配利回り13.49%(2022年5月)
分配頻度月次
経費率0.60%
組入比率上位の銘柄

アップルや、マイクロソフト、アマゾンなど、皆さんも知ってる超有名企業が組入上位のETFです。

%構成銘柄ティッカー
12.98APPLE INCAAPL
10.56MICROSOFT CORPMSFT
6.02AMAZON.COM INCAMZN
4.59TESLA INCTSLA
3.74ALPHABET INC-CL CGOOG
3.66META PLATFORMS INCFB
3.57ALPHABET INC-CL AGOOGL
3.37NVIDIA CORPNVDA
2.01BROADCOM INCAVGO
1.99PEPSICO INCPEP

(※22年5月)約91万円保有しています

私は、このQYLDをSBI証券で350個保有しています。

※22年12月追記
460個保有(約120万円分)しています。

時価評価で約91万円となってます。

保有QYLD
2022年4月頃のスクショ

含み損が約220ドル出ていますが、最近の円安傾向で日本円換算だと約4万円分の含み益となってます。

毎月、だいたい7,600円(年間約95,000円)の配当金を受け取っています。

これからが楽しみなETFです。

※ 2022/5/22 追記
最近は若干下落していて、17〜18ドルに下がっています。含み損が出ていますが、変わらず定期購入しています。

QYLDのいいところ

この【QYLD】のよいところを簡単にご紹介。

毎月配当でFIREをめざしている人向き

多くのETFが3ヶ月(四半期)に一度の配当金です。

ですが、【QYLD】は毎月、配当金がもらえます。

おこづかいのように、月々入ってくるのでFIREをめざしている人にとって、収入計画が立てやすいですね。

配当利回り(リターン)が高い

利回りが10%以上あり、ほかの高配当ETFのなかでも高いです。

高配当ETFの御三家で【VYM】【HDV】【SPYD】があります。

高配当ETF御三家
高配当ETF御三家

これらと比較すると、こんな感じ。

銘柄利回り経費率利回り – 経費率
QYLD13.5%0.60%12.9%
VYM2.5%0.06%2.4%
HDV2.9%0.02%2.9%
SPYD6.1%0.03%6.1%
2022年5月の情報で作成

利回りが高いということは、FIREまでの元手が少なくてすむということですね。

ここで注意があります。

リスクとリターンは表裏一体なので、高い利回り(リターン)はその分、リスクがあるということでもあります。

そう、呪言の力は強いけど、使いすぎると喉がつぶれる狗巻棘のようなETFが【QYLD】です。

高配当ETF_狗巻家

なので、自分のポートフォリオを、【QYLD】にかたよらせすぎないように注意しましょう。

1個が安くて買いやすい

この記事を書いている時点で、大体17~18ドルです。

銘柄株価(ドル)日本円換算 ※ドル/円128円計算
QYLD17.732,270円
VYM105.8113,544円
HDV104.7113,403円
SPYD43.635,585円
2022年5月の情報で作成

日本円で2,000円ちょいで、買い始めることができる点が魅力ですね。

もちろん、デメリットはちょっとある

経費率が少したかい

上記の通り、ETFを運用するための費用となる経費率が0.6%と、ほかとくらべて少し高いです。

とはいえ、100万円投資して6,000円です。

ほかが、安すぎるのだと思っておきましょう。

値上がりしづらい

このETFはカバードコールという取引手法で運用されています。

かんたんに言うと「株価の値上がり益を放棄して、その分配当金に特化する」という手法です。

※参考:カバードコール(大和証券のサイトに飛びます)

なので、この【QYLD】の株価は値上がりしづらいです。

つまり、売却益(キャピタルゲイン)はゲットしづらいということ。

配当金(インカムゲイン)に特化された銘柄とおぼえておきましょう。

自動お金生成マシーンをつくってみよう

ってことで、本題です。

自動でお金が増えていくマシーンを作ってみましょう。

  • 【QYLD】を月に1口買える配当金がもらえる額までまず初期投資
  • 入った配当金で【QYLD】を1口買う自動設定をする
  • あとは放置 or だんだん増やしていく
QYLDで自動おかね生成マシーンをつくる
STEP
まず、約28万円分の【QYLD】を買おう

【QYLD】の株価は、最近は大体17〜18ドルです。

この1口分の配当金を毎月もらえる分を、まず初期投資します。

計算するとこうです。

1口分を配当で毎月もらうためには、金額
1口分買うための配当額(=株価)17〜18ドル
x 12ヶ月分にすると204〜216ドル
QYLDの利回り ※税引後とする約10%
12ヶ月分を利回りで割り戻すと2,040〜2,060ドル
これを日本円にすると26〜28万円

ってことで、約28万円分の【QYLD】を保有しておくと、次から【QYLD】を1口買える配当金が勝手にチャリンと入ってきます。

たけぇーよ、おい!

っておもいますか?

でも、よく考えてください。

たった28万円ぐらいで、自動でお金が増えていくマシーンが売ってたら安いと思いません?

この程度の金額だけをみて、反射的に「たかい!」って感じた人

まずは、最低限のマネーリテラシーを高めましょう

おすすめの証券会社は、私の使っているSBI証券です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
STEP
自動買付の設定をしよう

月々の配当金を受け取れるようになったら、その金額で【QYLD】を毎月1口自動買付する設定をしましょう。

私は、今は、毎月3口を自動買付しています。

自動買付の設定方法は、こちらをどうぞ。

STEP
あとは放置 or 買付額をふやす

はい、ここまでできたら、自動おかね生成マシーンのでっきあっがり〜。

放置してても、勝手に資産が増えていきます。

月の配当金が増えてきたら、1口→2口にふやしてもOK。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • 高配当ETF【QYLD】を約28万円分買う
  • 月々もらえる配当金で同じ【QYLD】を1口自動買付を設定する
  • あとは放置 or だんだん増やしていく

まったく怪しくないでしょ?笑

みなさんも試してみてください。

QYLDの紹介/狗巻棘

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次